2020年Jリーグ優勝予想を100人に聞いて順位予想してみた!

100人アンケート部屋

Jリーグの開幕っていつか知っていますか?

そう2/21(金)ですよね。

そこで今回は2020年のJリーグ優勝予想及び順位予想を100人アンケートとりましたので、その結果を発表していこうと思います。

また過去のデーターを元に優勝予想もしています。

ちなみに2019年は
1位:横浜F・マリノス
2位:FC東京
3位:鹿島アントラーズ

とう結果で幕を閉じましたが、2020年はどうなるのか。

アンケートは上位3チーム、下位3チームを予想してもらい、
優勝 :5ポイント
2位  :3ポイント
3位  :1ポイント
最下位:−5ポイント
17位 :−3ポイント
16位 :−1ポイント

で計算し順位をつけました。

2020年のJリーグの優勝予想・順位予想をご覧ください。

スポンサーリンク

2020優勝予想&順位予想

では早速100人アンケートの結果から順位予想しましたのでご覧ください。

アンケートを集計した結果

優勝:横浜F・マリノス
2位:鹿島アントラーズ
3位:川崎フロンターレ

最下位:サガン鳥栖
17位:湘南ベルマーレ
16位:大分トリニータ

という結果になりました。

100人アンケートの結果では横浜F・マリノスと鹿島アントラーズの優勝予想が圧倒的に多い結果となりました。

合計得点からもわかるようにマリノスが210ポイント、アントラーズが197ポイントとなりました。

そして下位争いですが再開はダントツでサガン鳥栖と言う結果になりました。

しかしながら最下位票を一番集めたのは横浜FCですが、17位16位票が少なかったこと、上位予想が数名いたことで15位と言う結果になっています。

ブックメーカーの予想は?

ブックメーカーの優勝オッズはどんな感じなのでしょうか?

William Hill社の優勝オッズは2020年2月12日時点で上記のようになっている。

William Hillも上位3チームは

横浜F・マリノス:4.00倍
川崎フロンターレ:4.50倍
鹿島アントラーズ
:5.50倍

とみなさんの予想とほぼ一緒という結果になっています。

また上位4チームの倍率がかなり近いことからも、今年もどのチーム力が拮抗しているという事が伺えますね。

下位3チームを見て見ると

横浜FC:67.00倍
湘南ベルマーレ:51.00倍
サガン鳥栖:41.00倍

という結果になっています。

William Hill予想では最下位は横浜FC。

しかも、湘南ベルマーレとは16倍差のダントツの低さとなっています。

ただヨーロッパのリーグなどの優勝予想では倍率が1000倍や2000倍といったチームがあるほど、上位と下位で力が圧倒的に違います。

Jリーグは一番低い横浜FCでも67倍なので、各チームの力バランスはかなり拮抗していると言えます。

過去のデーターを探ってみた

では次に過去データーからどのチームが優勝する可能性があるのか探ってみることにしましょう。

J1歴代優勝チーム

1993年 ヴェルディ川崎 2007年  鹿島アントラーズ
1994年 ヴェルディ川崎 2008年  鹿島アントラーズ
1995年 横浜FM 2009年  鹿島アントラーズ
1996年 鹿島アントラーズ 2010年 名古屋グランパス
1997年 ジュビロ磐田 2011年 柏レイソル
1998年 鹿島アントラーズ 2012年 サンフレッチェ広島
1999年 ジュビロ磐田 2013年 サンフレッチェ広島
2000年 鹿島アントラーズ 2014年 ガンバ大阪
2001年 鹿島アントラーズ 2015年 サンフレッチェ広島
2002年 ジュビロ磐田 2016年 鹿島アントラーズ
2003年 横浜F・マリノス 2017年 川崎フロンターレ
2004年 横浜F・マリノス 2018年 川崎フロンターレ
2005年 ガンバ大阪 2019年 横浜F・マリノス
2006年 浦和レッズ 2020年

色が付いているところは連覇したチームになっています。

こうやってみると結構連覇しているチームがあることがわかります。

しかしながら3連覇(4連覇)を阻止して優勝したチームが連覇することは今のところありません。

なので2017-2018年と川崎フロンターレが連覇していますので、横浜F・マリノスの連覇の可能性は低い?

優勝チームの前年順位

優勝したチームの前年度の順位をみてみることにしましょう。

※93年〜04年は2部制だったので年間順位がわからないため、05年以降のデーターになります

年度チーム前年順位
2006浦和レッズ2位
2007鹿島アントラーズ6位
2008鹿島アントラーズ1位
2009鹿島アントラーズ1位
2010名古屋グランパス9位
2011柏レイソルJ2 1位
2012サンフレッチェ広島7位
2013サンフレッチェ広島1位
2014ガンバ大阪J2 1位
2015サンフレッチェ広島8位
2016鹿島アントラーズ5位
2017川崎フロンターレ3位
2018川崎フロンターレ1位
2019横浜FM12位

このような結果になっています。

面白いのが前年J2で1位だったチームが2度も優勝していると言うことです。

と言うことは昨年J2で1位だったのは柏レイソルなので、2011年以来のJ2で1位からのJ1優勝もあるかもしれない?

そして昨年の横浜FM以外は前年度上位半分(9位まで)のチームが優勝していると言うこと!

なので昨年度10位以下のチームは優勝の可能性はかなり低いのではないでしょうか。

歴代優勝監督

歴代優勝監督をみてみましょう。

監督 年齢 就任年数 出身国
1993 松木 安太郎 36 1年目 日本
1994 松木 安太郎 37 2年目 日本
1995 早野 宏史 40 1年目 日本
1996 ジョアン・カルロス 40 1年目 ブラジル
1997 桑原 隆 49 1年目 日本
1998 ゼ・マリオ 49 1年目 ブラジル
1999 桑原 隆 51 1年目 日本
2000 トニーニョ・セレーゾ 45 1年目 ブラジル
2001 トニーニョ・セレーゾ 46 2年目 ブラジル
2002 鈴木 政一 47 3年目 日本
2003 岡田 武史 47 1年目 日本
2004 岡田 武史 48 2年目 日本
2005 西野 朗 50 4年目 日本
2006 ギド・ブッフバルト 45 3年目 ドイツ
2007 オズワルド・オリヴェイラ 57 1年目 ブラジル
2008 オズワルド・オリヴェイラ 58 2年目 ブラジル
2009 オズワルド・オリヴェイラ 59 3年目 ブラジル
2010 ドラガン・ストイコビッチ 45 3年目 セルビア
2011 ネルシーニョ 61 3年目 ブラジル
2012 森保 一 44 1年目 日本
2013 森保 一 45 2年目 日本
2014 長谷川 健太 49 2年目 日本
2015 森保 一 47 4年目 日本
2016 石井 正忠 49 2年目 日本
2017 鬼木 達 43 1年目 日本
2018 鬼木 達 44 2年目 日本
2019 アンジェ・ポステコグルー 54 2年目 オーストラリア

これをさらに細かく分けてみると

【優勝時の就任年数】

就任年数人数割合
1年目11人40.74%
2年目9人33.33%
3年目5人18.52%
4年目2人7.41%

【優勝した時の年齢】

世代優勝回数割合
30代2回7.41%
40代18回66.67%
50代6回22.22%
60代1回3.70%

【優勝監督の出身国】

出身国回数割合
日本16回59.26%
ブラジル8回29.63%
ドイツ1回3.70%
セルビア1回3.70%
オーストラリア1回3.70%

この結果から
・就任1年目or2年目
・40代
・日本人監督

が優勝の可能性が一番高いと言うことになりますね。

開幕試合のデーター

優勝チームの開幕試合のデーターをみてみましょう。

優勝チームH/A相手
1993ヴェルディ川崎H横浜マリノス
1994ヴェルディ川崎Hベルマーレ平塚
1995横浜FMH浦和レッズ
1996鹿島アントラーズH清水エスパルス
1997ジュビロ磐田Hサンフレッチェ広島
1998鹿島アントラーズHアビスパ福岡
1999ジュビロ磐田Hヴィッセル神戸
2000鹿島アントラーズH名古屋グランパス
2001鹿島アントラーズHサンフレッチェ広島
2002ジュビロ磐田H名古屋グランパス
2003横浜FMAジュビロ磐田
2004横浜FMH浦和レッズ
2005ガンバ大阪H大宮アルディージャ
2006浦和レッズAガンバ大阪
2007鹿島アントラーズA川崎フロンターレ
2008鹿島アントラーズHコンサドーレ札幌
2009鹿島アントラーズH浦和レッズ
2010名古屋グランパスAガンバ大阪
2011柏レイソルH清水エスパルス
2012サンフレッチェ広島H浦和レッズ
2013サンフレッチェ広島H浦和レッズ
2014ガンバ大阪H浦和レッズ
2015サンフレッチェ広島H甲府
2016鹿島アントラーズAガンバ大阪
2017川崎フロンターレA大宮アルディージャ
2018川崎フロンターレAジュビロ磐田
2019横浜FMAガンバ大阪

開幕試合が
・ホームゲームだったチームが19回
・アウェイゲームだったチームが8回

圧倒的に開幕試合がホームゲームのチームが優勝する可能性が高いことがわかります。

また対戦相手をみてみると浦和レッズが6回と最多になっています!

しかもその6回は全て優勝チームのホームゲームとなっています!!

では2020年の浦和レッズの開幕試合をみてみると…
・湘南ベルマーレ(H)vs 浦和レッズ(A)
となっています。

と言うことは湘南ベルマーレに優勝の可能性も…??

もう一つ面白いのが次に対戦相手として多いガンバ大阪の場合です。

ガンバ大阪は4度優勝チームの対戦相手になっていますが、全てガンバ大阪のホーム試合なんです。浦和レッズとは真逆なんです!

では2020年のガンバ大阪の試合を見てみると
・横浜F・マリノス(H)vs ガンバ大阪(A)
となっています。

ガンバ大阪がアウェーと言うことは横浜F・マリノスは優勝しない…?

データーから導いた優勝チームは?

さて過去のデーターをみてきましたがまとめてみると

・3連覇阻止後の連覇チームはない
・前年度J1で10位以下のチームの優勝は過去1度しかない
・しかし前年度J2で1位チームは2度J1優勝している
・優勝監督で一番多いのは、就任1年目or2年目、40代、日本人監督
・優勝チームの開幕試合はホームゲームの可能性が高い

この条件に該当するチームを調べてみると…

完全に一致するチームはありませんでしたww

と言うことで完全一致ではありませんが一番近いチームをご紹介します。

それは…

川崎フロンターレ

川崎フロンターレは

・昨年4位
・監督が日本人で40代
・開幕試合はホームゲーム

唯一就任4年目と言うところだけクリアできていませんが、歴代優勝監督を見ても4年目で優勝しているのは2例あり、5年目以降になると0%と言う結果から、今年はまだ可能性はあるのではないでしょうか。

最後に

今回は2020年Jリーグの優勝予想、順位予想をしてきましたがいかがでしたか?

正直Jリーグは毎年どのチームが優勝するか予想が難しいリーグとなっています。

欧州リーグではビッグクラブと言われる優勝常連チームがいたりしますが、Jリーグではそのようなチームはいません。

過去の結果からもわかるように、前年J2だったチームがいきなりJ1優勝を果たしたりするほどです。

なので100人予想で最下位だったサガン鳥栖が優勝だなんて事もあるかもしれません。

では最後なので私の優勝予想だけ伝えておくと…

!名古屋グランパス!

ってただのファンなだけですw

正直今年の補強を見ていても優勝の可能性は限りなく低いのではないかなと思っています。

でもファンなら優勝を目指して応援するもんですよねw

ちなみにみなさんの優勝予想はどこですか?

Jリーグの開幕は2/21(金)

湘南ベルマーレvs浦和レッズとなっています。

Jリーグ開幕が楽しみですね!!