【2021年版】オススメのスチームクリーナー3選!選ぶポイントはこれだ!

子育て部屋

スチームクリーナーに興味があるんだけど、本当にスチームクリーナで頑固な汚れって落ちるの?

キッチン周りや広場など水回りの汚れってなかなか落ちないもんね…

我が家でも妻が水回りの汚れが気になるというから、スチームクリーナを購入して試してみたんだ!!

今回は本当にスチームクリーナで汚れが落ちるのかの結果を見ていこう。

スポンサーリンク

スチームクリーナーって?

ではまずはスチームクリーナーについて説明していくぞ!

スチームクリーナとは・・・
約100度の高温スチームを吹き出し、その高温スチームを汚れに立てることにより、汚れを浮かせて除去してくれる優れものだ!
また高温のスチームを使うことで、フローリングやおもちゃなどの殺菌にも使うことが可能だ!!
さらにさらに、ソファやカーペットなど洗えないものでも、手軽にお手入れができてしまうんだ!!

子供がいる家庭だったら使い勝手が多い掃除道具になること間違いなしだ!

我が家でも今年購入したがもっと早く購入すればよかったと思っている!

スチームクリーナーの選び方

スチームクリーナって言ってもどう言ったものを選べばいいのかわからないわ。

よし!では次にスチームクリーナを選ぶ際のポイントを紹介していこう。

まずはあなたの使う用途は何か?

・アパートでフローリングなどの掃除に使いたい➡️スティックタイプ
・一軒家で隅々まで掃除道具として使いたい➡︎キャニスタータイプ
・キッチンや風呂場など水回りの掃除に使いたい➡︎ハンディータイプ

まずはあなたの使う用途によって3つのタイプに分けられる。

スティックタイプは、フローリングや窓など広い面をサッと掃除ができる。

しかしタンク容量が小さいので、長時間の掃除は無理だ。

 

一軒家などで長時間の掃除をしたいのであれば、キャニスターになる!

しかしタンク容量が大きい分重量は重くなる。

 

水回りなどの掃除にはハンディータイプがオススメだ!

小さい分持ち運びも楽だからな。

付属部品の確認

付属部品の確認も怠ってはいけない!

あなたの使いたい用途のアタッチメントはちゃんと最初からついているか、ちゃんと確認をするんだ!

ではあなたはスチームクリーナーでどこの掃除をしたいんだ?

・フローリング?
・窓?
・水回り?
・ソファーやカーペット?
・チャイルドシート?

それによって使うアタッチメントが変わってくる。

まぁとりあえず安いスチームクリーナーを買おうなんて考えて、いざ買ってみると使いたいアタッチメントがないなんてことも・・・

そうなると結局値段が上がってしまうぞ!

安全機能はついているか?

この確認はもっと大事だ!

特に子供のいる家庭であれば絶対確認しておきたい項目だ!

・チャイルドロックはついているか
・セーフティーロックはついているか

普通の掃除機とは違って、100度の高音が吹き出すということを忘れてはいけない。

間違って子供が触って簡単に100度の高音スチームが出てしまったら・・・
スチームの吹き出し口を覗いているときに間違ってスチームが出てしまったら・・・

子供って何にでも興味を持ってしまいますからね!

本当に汚れは落ちるの?

でも一番肝心なのは本当に汚れは落ちるのかってことよね〜

結局頑固汚れが落ちなかったら買う意味も・・・

確かに一番のポイントはそこだよな!

では我が家での掃除の結果を見ていこうではないか

我が家でスチームクリーナーを買った理由は、水回りの掃除に使いたかったら。

なのでハンディータイプのスチームクリーナーを購入した。

ではその結果だが・・・

【風呂場】

<Before>

<after>

スポンジでゴシゴシ洗ってもなかなか落ちなかった汚れが、スチームクリーナーで掃除すれば綺麗に落ちました!!!

うん!!!気持ちいい!!!!

正直本当に落ちるのかと思っていましたが、これだけ綺麗に落ちるとはと言う感じでした!

オススメのスチームクリーナー3選

次にショーンの独断と偏見でスティックタイプ、キャニスタータイプ、ハンディタイプのオススメのスチームクリーナを紹介していくぞ!!

 

 

ケルヒャーSC 2 EasyFix

amazonはこちら 楽天はこちら

高圧洗浄機でも有名なケルヒャー!
キャニスタータイプのため広範囲を掃除したいという人、とりあえず有名メーカーが安心という人にオススメ!
またバクテリア99.99%除菌、ウイルス99.999%除去、使用中に水が無くなっても給水をして連続で使用することができる取り外し可能タンク搭載という特徴もあります。

タイプ:キャニスター タンク容量:1L
加熱方式:ボイラー式 重量:2.9kg
安全機能:スチームロック機能、安全バルブ 清掃場所:床、シンク、換気フード、コンロ、窓、鏡、タイル壁など

MOOSOOスチームモップMS03

amazonはこちら 楽天はこちら

スティックタイプでおすすめするのはMOOSOO。あまり聞きなれない会社ですが、2017年に創立された日本の企業となります。

MS03は100度の高温スチームで99.9%の除菌効果があり、電源を入れてから20秒でスチーム準備が完了し、いつでも水の継ぎ足しができるスチームクリーナーとなっています。

重量も1.8kgもかなりの軽量設計となっています。

タイプ:スティック タンク容量:250ml
加熱方式:不明 重量:1.8kg
安全機能:電源部に防水ケース 清掃場所:床、カーペット

Simbr

amazonはこちら 楽天はこちら

ハンディタイプでおすすめなのが、Simbrのハンディスチームクリーナー。

Simbrは高温(132℃)・高圧(3.2Bar)のスチームで洗剤を使わず汚れを浮かせて落とし、99.99%の有害物質を取り除いてくれます。

またあらゆる場所に対応しており、ーペット、キッチンまわり、換気扇、電子レンジ、お風呂、窓のサッシ、トイレ、車、おもちゃなど様々な場所にしようすることができます。

またハンディタイプでも大容量の350mlタンクを備えています。

管理人が購入した製品

上ではそれぞれのタイプのスチームクリーナーのおすすめを紹介しましたが、ここでは我が家で購入したスチームクリーナーについて紹介していこうと思います。

我が家で購入したスチームクリーナーは・・・

amazonはこちら

楽天はこちら

simbrのスチームクリーナーで、ハンディタイプとキャニスター型を合わせたようなスチームクリーナーです。

特徴として

・100度の高温蒸気
・タンク容量1100mlで最大約30分の連続使用可能
・カーペット、キッチン周り、換気扇、電子レンジ、お風呂、窓のサッシ、トイレ、車、おもちゃ、床など使用用途が広い
・温度制御と過熱保護システム搭載
・お値段約8000円

キャニスター型のようにタイヤがついている訳ではないので、床掃除では少し面倒、ハンディタイプよりコンパクトではないといった点はあるものの、使用用途が広いのでかなり使い道は広くなります。

8000円という値段が高いか安いかはその人次第ではあるものの、個人的な感想としては非常にお値打ちかと思います。

まとめ

今回はおすすめのスチームクリーナについて紹介してきましたが参考になったでしょうか。

スチームクリーナーは、頑固な汚れが落とせたり、フローリング、お風呂、キッチン周り、換気扇、車などなど様々な箇所で使用することもできます。

何より、子供のおもちゃなどにも使うことができ、水だけで除菌効果が99%あったりと、コロナ禍の今にはもってこいの商品ではないでしょうか。

実際我が家でもここ1年で購入した家電製品の中でも、一番よかったと思っているほどです。

ぜひ一家に1台、特に小さいお子さん(ハイハイしてるお子さん)がいる家庭では、フローリングの掃除にはもってこいかと思います。